体の不調は様々な部位から現れます。予防をしっかり行うことが大切

slim

骨の質を良くする

より幅広い視点から腰痛を捉えて治療が行われていくでしょう

腰痛は一般的には、骨や筋肉のトラブルというイメージがあります。そのため、主に整形外科での診療となるのです。ですが、最近では様々な要因からこうした腰痛が引き起こされることが分かってきています。例えば心理的な問題です。精神的なストレスが時に自律神経のバランスを崩し、腰痛の症状を起こしてしまうケースが最近は特に増えています。検査をしても特に骨や内臓などに異常が見られない場合には、何らかの心理的な問題が関わっていると考えられるようになっているのです。こうしたことから、現在では腰痛を通常の内科で診察するケースも増えています。行徳のあるクリニックでは実際こうした治療を始めています。今後はより幅広い視点から、症状を診断していく医療機関が増えていくと予想されるのです。

骨粗しょう症などが原因となっていることもあるのです

腰痛には、時に内科的な疾患が関わっていることもあります。例えば、最近話題になっている骨粗しょう症です。骨粗しょう症になると、時に腰にも症状が出ることがあります。骨のダメージが腰痛として現れてくるのです。こうしたタイプの腰痛の場合には、リハビリなどの治療だけでは改善が難しくなります。行徳のクリニックでは、こうした腰痛のケースにも対応出来る治療を行なっています。この行徳のクリニックには内科医が常駐しているため、骨粗しょう症の治療にも十分対応出来る態勢が築かれているのです。こうした行徳のクリ二ックのような幅広い視点で腰痛を診断することが出来れば、長年悩まされていた症状を改善していくことも時に可能になるのです。